アイコン画像
#学術・文化・芸術・スポーツ #災害救援 #国際協力

NPO法人 文化財保存支援機構

「護る」掛軸の修復活動
「護る」被災した紙製文化財の保存修復活動
「護る」被災した油彩画の保存修復活動
「繋ぐ」敦煌世界遺産スタディツアー(2009年)
「繋ぐ」カンボジア世界遺産スタディツアー(2005年)
「育む」文化財保存修復専門家養成実践セミナー(於;東京国立博物館)
「育む」文化財保存修復専門家養成実践セミナー(於;東京国立博物館)
被災文化財救援活動(東日本大震災にて被災した陸前高田市立博物館にて)

 文化財保存支援機構(JCP)は、平成13年3月に、文化財の保存修復専門家が中心となって設立したNPO法人です。  我が国では、国宝や重要文化財などの指定品が国(文化庁)や地方自治体によって手厚く保護されている一方、名もない文化財たち(地方のお寺に安置された仏像、個人所蔵の文書類、古民家に眠る民具など)は、手当てされることもなく、いつの間にか喪われていきます。そうした現状に心を傷めた修復技術者が、「営利によらない方法でこれらの文化財を救えないか」と考え、始めたのが当機構の活動です。  この目的を達成するため、文化財保存修復活動(護る)、一般社会の共感と理解を高めるための広報活動(繋ぐ)、講演会や研修会による人材の養成(育む)、そして支援者を増やすファンドレイジングと、多岐にわたる活動を展開しています。わたしたちは文化財の保存・修復を通して、その先にある幸福な社会の構築に寄与したいと願っています。

組織名
NPO法人 文化財保存支援機構
組織形態
特定非営利活動法人
設立
2001年2月16日
代表者
三輪 嘉六
運営人数
6〜20名
ウェブサイト
https://www.jcpnpo.org/
郵便番号
110-0008
住所
東京都台東区池之端4-14-8-102
主な収入源
会費、寄付、事業収入