3階建ての1階設計図
外観パース
オリジナルキャラクター

2008年に猫カフェを始めその傍らで猫の保護活動を行っていましたが、 活動が進むにつれ、政府や議員の方々に陳情していかないと改善されないと考え、2017年にNPO法人を立ち上げロビー活動を始めました。 主な活動内容としては、 ・ねこの保護、譲渡、飼養管理、室内終生飼育等の啓発活動、最新情報の発信 『猫の保護』特に子猫の保護を中心におこなっています。 『譲渡』里親様の募集を常時おこないつつ(主にSNS)、不定期譲渡会の開催。 『里親さんとのつながり』里親様との交流LINE会を通じて情報共有をおこなっています。 『猫セミナー』年に2回猫のセミナーを開催。 ・環境省へ動物愛護法にブリーダー免許制、数値規制の提言を継続して行います 1.現在の動物取扱業者の種別は展示、販売、保管、貸し出し、訓練、競りあっせん業、譲受飼養業の7種に繁殖を追加し販売と切り分け定期巡回を年に一度の徹底。 2.ブリーダーの免許制 3.アニマルポリス制度の導入 提案事業 『猫と人が共生できる施設』 限界集落の愛媛県津島(7世帯9名)にねこの保護譲渡終生飼育のできる 猫カフェ型大型シェルターをつくりたい このまま放置していくとあと数年で津島は無人島になって定期船もなくなってしまいます。島に猫たちも取り残されてしまいます。移住島民4名の居住も兼ねた施設です。 行き場のない若者や軽度障碍者の働く場所にもしたい。 今治市の加計学園獣医学部の学生さんたちの研修に提供したい。 初期投資 シェルター施設総工費予算 5億1千800万円 1階ねこカフェ10室すべてタイプの違う部屋にねこたち10頭ずつ100頭収容可能 2階食堂(業務委託)、動物病院、老猫・疾病猫・幼猫の部屋。 3階スタッフ居室ロフト付き5部屋、シェアダイニング&シェアキッチン 建物総工費4億7千万円 設計費工事代金の4% その他初期諸経費2千万 獣医(診療器具、手術機器、洗浄機器、レントゲン、エコー) 各居室家具、家電、車両、サイト構築、宣伝等 共感してくださるスポンサー様を探しています。

組織名
NPO法人キャットセイビア
組織形態
特定非営利活動法人
設立
2017年11月27日
代表者
伊澤 浩美
運営人数
6〜20名
ウェブサイト
https://catsavior.com/
郵便番号
206-0033
住所
東京都多摩市落合一丁目19番地の16 パークタマ202
主な収入源
寄付、譲渡費