アイコン画像
#まちづくり #学術・文化・芸術・スポーツ #環境の保全

NPO法人 粋なまちづくり倶楽部

【設立のきっかけ】 1991年に発足した”神楽坂地区まちづくりの会(任意団体)”の活動に参加してきた有志と、新しい時代のまちづくりの在り方を模索していた専門家が結集して、任意団体では対応の難しい高度なまちづくり事業を強力に押し進めていく目的で、1999年に NPO法人設立の検討を開始。 神楽坂まちづくり・住まいづくり塾や、まちあるき等を4年にわたり試行する中で、対象とすべきまちの課題が全国的な都市中心市街地における普遍的テーマであること。またこれらの問題に関して支援すべき具体的事業や方策が明確化してきたこと。さらに活動を継続的かつより実践的にするためには、特定非営利活動法人にすべきであると考える賛同者が多数となったことなどから、2003年に”NPO法人粋なまちづくり倶楽部”を立ち上げました。 【活動内容】 粋なまちづくり倶楽部は、まち全体に向き合い、包括的で持続的にまちや地域の課題解決に幅広く取り組んでいます。 ○アーカイブスの活動 未来にまちの生い立ちから変遷を伝えていくチームの活動です。 ○まちづくり・都市計画の活動 まちづくり協定に適合したまちなみにするための支援活動、まちの大切なものを残していく登録有形文化財の調査~登録活動など、さまざまな活動等を行っています。 ○伝統芸能の活動 毘沙門天での落語会「毘沙門寄席」、日本を代表するさまざまな伝統芸能を世代を超えて多くの方々に楽しく紹介するまち全体のイベント「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり」、花柳界を応援する活動等を実施しています。 ○観光・まち案内の活動 神楽坂まつりに合わせて浴衣姿のボランティアがまち案内を行う「浴衣でコンシェルジェ」や、さまざまな視点やテーマによるまち案内を行っています。 ○神楽坂大學の活動 神楽坂に関係する方を語り手にお招きしてお話を伺う「まちづくりすまいづくり塾」、まちをより深く理解し楽しんでいただくためのまち検定「神楽坂検定」等の活動を実施しています。 【神楽坂らしさとは】 神楽坂が神楽坂らしくあるために、ヒューマンスケールなまちづくりを大事にし、何を残さなければならないのか?また何を変えていかなければならないのか?そんな想いを持って活動しています。 ご共感いただける企業の皆様、ご支援のほど宜しくお願い致します。

組織名
NPO法人 粋なまちづくり倶楽部
組織形態
特定非営利活動法人
設立
2003年5月2日
代表者
山下 馨
運営人数
-
ウェブサイト
https://ikimachi.net/
郵便番号
162-0817
住所
東京都新宿区赤城元町3-5 カーサ奈須野305
主な収入源