アイコン画像
#保健・医療・福祉 #連絡・助言・援助 #食糧支援

NPO法人岡山きずな

岡山きずなは生活困窮に置かれた人たちに向け、様々な支援をおこなっています。
生活困窮者の方を対象に安楽亭という食堂を運営しています。
生活困窮を人間関係の困窮としても捉え、孤立を防ぐ活動を行っています。
安楽亭では、食堂形式で食事や洗濯や入浴の提供を行い、生活相談も行っています。
岡山駅を中心にホームレス状態にある方を対象に食糧提供や相談対応を行っています。
孤立を防ぐ目的として野菜作りをしています。
これからも孤立させない地域社会を作るために様々な取り組みを行っていきます。

岡山きずなは、ホームレス状態になるおそれのある人々、ホームレス状態に置かれた人々に対して、積極的に関わり、様々な社会資源を利用して衣食住の確保や就業の機会の確保など、社会的な自立に向けた事業を行っています。 当法人では、「ホームレス」の意味を広く捉え、路上で生活している人のみに限定せず、不安定な居住状態にある人々、地域で孤立しやすい人々、過ごす居場所がない人々などもサポート対象としています。サポートの最終目的を、ホームレス状態を脱するだけでなく、当事者の方に伴走する形で、その方が誰かとつながり、地域社会の中で各々が支えあえるような状況を目指し、下記の事業を行っています。 【社会貢献事業】 ◯無料食堂「安楽亭」  ボランティアを中心に生活困窮者の方を対象に安楽亭という食堂を運営しています。生活困窮者だけでなく、地域の居場所にもなっています。また、月曜日と金曜日は生活困窮者の入浴と洗濯のサービスも提供しています。 ◯夜回り  岡山駅地下街を中心に市街地を法人スタッフとボランティアが巡回し、ホームレス状態の方々への声かけや相談対応を行います。食料や寝袋、風邪薬などの配布も行います。 【自立支援事業】 ◯一時生活支援施設ひびき・自立準備ホームなごみの運営  ホームレス状態にある方へ、衣食住の提供と自立に向けた相談支援などのサポートを行います。 ◯日常生活支援住居施設かなで  生活保護法に基づき制度化された住居施設であり、独居生活が困難な方へ日常的な見守りや生活支援を行います。 ◯ビッグイシュー委託販売  貧困、環境、ジェンダーなどをテーマに月2回刊行している路上生活者の自立を応援する雑誌。売り上げの半分は販売者のものになります。 【いただいたお金でこのような支援ができます】 私たちの活動は、寄付や会費により運営をしています。 3,000円で夜回り時にホームレスの方に寝袋やカイロを届けることができます。 5,000円で35人分の食料や風邪薬などを提供することができます。 10,000円で約60人(炊き出し2回分)の食事の提供が行えます。 100,000円で安楽亭の一ヶ月分の維持運営を行うことができます。 企業の皆様、ご支援のほどよろしくお願い致します。

組織名
NPO法人岡山きずな
組織形態
特定非営利活動法人
設立
2011年12月13日
代表者
岩田 弘明
運営人数
-
ウェブサイト
http://www.okayamakizuna.com/index.html
郵便番号
700-0821
住所
岡山県北区中山下一丁目5番25号
主な収入源