近年、日本の世界への影響力が低下しており、海外での日本の価値が低くなっております。この事実に気がついている人はどれだけいるでしょうか。 「日本の茶文化は、一人ひとりの心の中に「平和な空間-a moment-」を作ってくれるね」。世界中の要人を惹きつける日本の「茶の湯文化」は、私が政治の町ワシントンD.C.で見つけた「日本の宝」でした。お茶は、和の精神を凝縮しており、相手のことを思いやることで成り立っています。この「思いやり」の概念が国際交流においては今後、重要な鍵になってくると考え、「茶の湯外交」を始めました。 茶会では、誰もが気軽に茶を楽しめる「茶楽(さくら)」コンセプトの下、日本からは抹茶と茶筅だけを持っていき、残りは現地で調達することで「異文化融合」の空間をともに作り上げ、相互理解を深めることを目指しています。同時に、風流人である数寄者(すきしゃ)の輪を世界につくり、日本から世界へ「調和の精神」を継承し、平和への架け橋としていく構想を進めております。 日本からも、より多くの方にこの活動に参加していただき、大きな推進力となっていただきたいと願っております。

組織名
特定非営利活動法人 桜茶meet
組織形態
特定非営利活動法人
設立
2018年8月30日
代表者
河合 顕子
運営人数
-
ウェブサイト
https://sakura-cha-meet.com/
郵便番号
464-0096
住所
愛知県千種区ー
主な収入源