アイコン画像
#保健・医療・福祉 #社会教育 #子どもの健全育成

特定非営利活動法人障がい者相互支援センターMCP

情報保障の講習会
みこクラブ 学習の様子
みこクラブ 課外授業
みこクラブ 課外授業
みこクラブの子どもたちからの意見
情報保障の講習会

NPO法人障がい者相互支援センターMCPは「障がいの有無に関係なく、学びたいを支援する」をモットーに設立された、障がい学生と障がい学生を支援する学生をサポートしている団体です。 支援を行う側も受けた側も相互に支え合い、社会に出た際に身に着けた力を大きく発揮できるようになること、それによる障がい者への差別がなくなることを目標としています。 主な事業内容は3つです。 1つ目は高等教育機関における情報保障に関する講習です。障がいのある学生がスムーズに授業参加が出来るように、ノートテイクやパソコンテイク等の支援学生の養成講座を行っています。 2つ目は、障がい児・者とその兄弟児を対象とした学習支援教室「みこクラブ」です。耳から言語獲得が苦手な聴覚障がい児・者に対して、書記日本語をはじめ、教科の指導を行っています。合わせて、マナーや社会性を学ぶための課外授業として、SST(ソーシャルスキルトレーニング)も行っています。 3つ目に、障がい当事者による講演会や、研修・研究事業として様々な団体の視察など、非常に多岐にわたって活動しています。 障がいの有無に関係なく当たり前に学べる、長く働ける環境を作ること。 そのためにも、障がい当事者が自身の「出来ること、手助けが必要なこと」を理解し、周りに伝えられる力を身につける必要があります。合わせて障がいのある方の支援を通して多様性を認め合える関係性を築くことが大切だと考えます。 障がい者の就労支援や、企業での手話講習、情報保障講習なども積極的に行っていけたらと思っています。 タイアップを通じて、例えば月に3万円の支援をしていただけた場合、 ①障がいを有する児童が集まっている施設を訪問し、学びの提供をすることが叶います。開催する際の交通費や教材費とすることが可能となり、進学や就労を考えた際に、将来への選択肢を広げる一助になります。 ②障がい当事者の離職が目立つため、その後の就労支援やフォローアップ、企業へのフォローを行いたいと考えています。 私たちの理念に共感し、活動を支援したいと思っている企業様。 NPO法人障がい者相互支援センターMCPとのタイアップをよろしくお願いします。

組織名
特定非営利活動法人障がい者相互支援センターMCP
組織形態
特定非営利活動法人
設立
2012年2月14日
代表者
山﨑 安則
運営人数
5名以下
ウェブサイト
http://mcp2012.web.fc2.com/
郵便番号
818-0136
住所
福岡県太宰府市長浦台2丁目2番1号
主な収入源