ツシマヤマネコ保護区
クラウドファンディングで植樹した木の整備
保護区内の木庭の整備作業
クラウドファンディングで植樹した木への水やり
保護区に現れたヤマネコ
上県町飼所にある「動物たちの園」そばや大豆を植えて小動物を増やしている
「動物たちの園」での大豆播種
クラウドファンディングで整備した保護区内の新しい木庭

 NPO法人ツシマヤマネコを守る会は長崎県対馬だけに生息する絶滅危惧種ツシマヤマネコを守るために1993年に設立した、民間団体です。  これまで私たちは、対馬北部の上県町に保護区指定地域を設定し、保護区内の民有地の買収を進め、保護区を整備することにより、ヤマネコのエサとなる小動物の生息環境を整え、ヤマネコが暮らしやすい環境を整えてきました。  しかし、イノシシ・シカの深刻な食害により下草がなくなり、海岸線付近の草地も食害でなくなっていることで、季節風が運ぶ潮風を防いでくれる植物がなくなり、保護区の谷の奥まで木々の立ち枯れが発生しています。漂着ゴミも風に乗って保護区の奥まで入り込み、環境が悪化する一方で、島民の生活にも影響が及ぶことが予想されます。 我々はツシマヤマネコが安心して暮らせる対馬を目指し、まずは保護区の環境を整えることを中心に活動しています。  また、激減したカワウソやヤマネコが北海道のタンチョウのように島民の皆様と力を合わせることで守ることができれば、やがて数は増えると考えています。当然、公共工事などは私たち人間が生きていく上では必要不可欠ですが、護るべき動物たちの環境は護っていかなければいけません。  島外の皆様にも、1人でも多くの皆様にご賛同いただき、日本の対馬にしか生息しない生き物を護るためにご協力いただきたいと考えています。 企業の皆様。NPO法人ツシマヤマネコを守る会とのタイアップをよろしくお願いいたします。

組織名
NPO法人ツシマヤマネコを守る会
組織形態
特定非営利活動法人
設立
1993年1月9日
代表者
山村辰美
運営人数
5名以下
ウェブサイト
https://tsushimayamaneko.org/
郵便番号
817-1603
住所
長崎県対馬市上県町佐護西里2619
主な収入源
会費、寄付