NPO法人へき地保健師協会は、へき地で活動する保健師の皆様が、地理的隔たりや組織を超えて交流することで支えあい、いきいきと活動できることを目指しています。 また、保健師だけでなく、へき地で活動する様々な専門職、自治体や企業、都会に暮らしながらもへき地に心を寄せる方、未来のへき地保健師などがつながることで、へき地に暮らす人々の健康の実現に向かって助けあえるようになることを目指しています。 「へき地」に明確な定義はありませんが、都会から遠い地域、都市部と比較して何らかの条件不利な地域を指します。交通が不便、医療や福祉、教育など生活に欠かせない社会資源が利用しにくいといった暮らしにくさがある一方で、豊かな自然、人とのつながりの強さ、あるもので工夫する文化といった魅力があるというのが、多くの人が「へき地」に抱くイメージではないでしょうか。 全国どこに暮らしていても、その人らしく暮らす。このような人々の願いを健康面から支えるのが保健師です。へき地にも保健師はいます。へき地で活動する保健師の多くは、協力し合える仲間や資源が限られているなかで奮闘しています。 ー活動紹介ー 「ネットワーク構築」 交流会や情報配信など。 「就労支援・雇用促進」 保健師や自治体に相談、採用情報の提供など。 「人材育成支援」 研修会や個別相談など。 「サポーター登録」 へき地の保健師や活動をサポートできる仲間の登録。 私たちは、へき地の保健師が人々の暮らしに寄り添いながら地域で生き生きと働くことを応援します。そして、へき地での保健活動に関心を寄せる方々がつながり、学び合い、支え合い、強みを生かしあう場の創出を目指し、今後も活動して参ります。 ご賛同いただける企業様、ぜひタイアップをよろしくお願い致します。

組織名
へき地保健師協会
組織形態
特定非営利活動法人
設立
2018年9月3日
代表者
青木 さぎ里
運営人数
-
ウェブサイト
https://hekichi-hokenshi.localinfo.jp/
郵便番号
247-0051
住所
神奈川県鎌倉市岩瀬一丁目25番8号 山本方
主な収入源