アイコン画像
#保健・医療・福祉 #まちづくり #学術・文化・芸術・スポーツ

認定NPO法人ぽっかぽかランナーズ

支えがあれば走れるよ
応援を力に完走だ
足こぎ車いすで楽しくリハビリ、立てるようになって感激です
動く広告のビブスで伴走ランナーも募集できます
視覚障害者とヒモでつながり、ゴールを目指します。
ゴールの瞬間が幸せ
ぽっかぽか共生マラソン大会、次回は令和4年1月3開催開催
3キロ目標で始めたマラソン、今の目標はフルマラソン

[概要]あらゆる障害者ランナーに伴走ランナーをマッチングし、マラソンを通じての健康づくり、障害者の社会 参加・自立支援を行っている。当事者とその家族や支援者中心になりがちな福祉分野において、一般市民 を巻き込み障害者理解を深める場の提供とともに人材を育成し、共生共存の社会に寄与している。 [活動内容]宝塚練習会・大阪練習会を年間各12回開催。マラソン大会へは年間8~10大会程度参加。身体障害ラン ナーには、「足こぎ車いす」を貸し出ししている。 いろいろな障害を理解する「ぽっかぽか講習会」も開催し、いろいろな立場の方に障害への理解を深めて もらっている。 マラソン大会の現状は、障害を理由に参加できない、小学生以下の幼児は参加できない。距離の制限や関 門での時間制限があるためバリアフリーとは言えない。年齢・障害の有無・性別・国籍など関係なく参加 者全員がゴールでき、地域に密着した誰もが楽しめる「ぽっかぽか共生マラソン大会」を開催している。         [受益者からの声] 保護者より・・・個人でマラソン大会に参加するのは、周りの視線が気になりハードルが高かったのです が、団体で参加することで気持ちが楽になるとともに、本人も達成感を感じることで自信につながり、明 るくなりました。                  知的障害者・・・伴走ランナーと走ることがとても楽しく、マラソン大会で完走するという目標が持てた。                                  身体障害者・・・足こぎ車椅子をこげた時は驚き、気がつくとトイレが楽にできるようになっていました。 今は支えてもらったら数メール歩けるまでになりました。 [寄付によって出来ること] 「足こぎ車いす」はオプション付きで1台43万円です。                                        「ビブス」は1枚1,700円です。                               「ウインドブレーカー」は1枚6,000円です。                                      練習会のコーチへの「謝金」は1回6,700円です。                  

組織名
認定NPO法人ぽっかぽかランナーズ
組織形態
認定特定非営利活動法人
設立
2013年10月1日
代表者
林優子
運営人数
6〜20名
ウェブサイト
https://www.pokarun.com/
郵便番号
665-0854
住所
兵庫県宝塚市売布山手町6-1
主な収入源
会費
(ログインが必要です)